スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

めまい

38歳の男性。
病院に行くと、リンパの流れが悪いから言われるが、なすすべ無し。
お酒も良く飲むとの事で、いくつかの漢方薬をお勧めしたところ、1ヵ月後来店。
かなりめまいの回数が減ったと喜ばれ、3ヶ月継続で完全に回復。

スポンサーサイト
めまい | 【2008-03-19(Wed) 17:57:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

心臓痛

 剣道をやっていらっしゃる50歳代の男性のお客様。
 当店の赤まむしを長年服用していただいているのですが、時々心臓がキュッと痛くなるとの事。

 いくつかの漢方薬をお勧めしたところ、それを飲んでいると痛みが出ないと喜んでいただいております。

| 【2008-03-11(Tue) 11:41:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

子宮が萎縮していると言われた方

 43歳の女性がおいでになりました。
 7年の治療の末、医師に「もう排卵していないし、子宮が萎縮してるから無理です」と言われ、ショックを受けて来店されました。

 子供はもうどうでも良いから、このボロボロになった体を何とかして欲しいと言われ、処方してお渡ししました。

 見る見るお元気になられ、ダイエットもしていないのに代謝が良くなったからでしょう、きれいに痩せられ、お肌もきれいになられて喜んでおられました。

 半年ほどして子宮頸がんの検査に行くと医師が首を傾げるので何かと思ったら「おかしいなあ、排卵の跡がある・・・。」と言われ、別の病院に行ったら、「ちゃんと排卵してます、子宮もちゃんとしてますよ。」と言われて、とても驚いておいででした。

不妊 | 【2008-03-11(Tue) 11:36:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

体の基本が出来ていない方

 気力も体力のない30歳代の女性が来られました。
 体型は普通の方ですが、声に張りがなくぼそぼそとお話され、目もうつろです。

 体の基本が出来ていない方には何をしても仕方ありません。
 まず体の土台を立て直さなくてはなりませんので赤まむしを配合したものをお渡ししました。
 徐々にお元気になられて、声に張りも出て、笑顔を見せてくださるようになりました。
 

赤まむし | 【2008-03-11(Tue) 11:27:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

透析が嫌な方

 「もう透析しましょう」と医師に言われて移転前の当店にいらした時60歳だったお客様は、透析する事無く、今もう70歳を越えていらっしゃいます。

 腎臓は体内の不要なものを濾過して尿にして出しますが、それが出来なくなると人工的にろ過しなくてはなりません。
 その人工的濾過を透析と言います。

 食事制限も厳しく、カリウムの摂取を気をつけなくてはなりません。
 漢方薬もきちんとお客様のの状態をお伺いしてお渡しする必要があります。
 

| 【2008-03-11(Tue) 11:17:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

C型肝炎

 母の友人が出産時の輸血でC型肝炎にかかり、もう数十年になります。
 C型肝炎の問題は、疲れやすくしんどくなってしまう事、肝硬変・肝癌に移行していくことです。
 元々呼吸器系も弱く、体力のある方ではないし、インターフェロンは嫌だとおっしゃり、長年当店で処方したものを服用しておられます。
 ウイルス数も0にはならなくても、低い数値を維持し、ひどく疲れることもなく元気に人生を楽しんでいらっしゃいます。

| 【2008-03-11(Tue) 11:08:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

過換気症と対人恐怖症

 20歳のお嬢さんがお母様と一緒においでになりました。
 失恋してから過換気症になり、仕事中も同僚と話すのが怖くて苦痛になってしまうとの事。
 ほっそりした華奢な可愛い方でした。
 状態をお伺いして処方しましたところ、漢方薬を飲むのは初めてで色々メールでやり取りしましたが、2週間ですっかりお元気になられました。 

 心と体は表裏一体ですから、心のバランスが崩れると体にも様々なトラブルが訪れます。
 心を立て直すには、体を立て直す事も大切なのです。

気持ち | 【2008-03-11(Tue) 10:59:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

酸素濃度低下の方

 お母様の肺が悪くなって酸素が体内に入らない、何とかならないかという方がいらっしゃいました。
 肺は潤いを好み、乾燥を嫌います。
 また、「肺は呼気を主り、腎は納気を主る」と言い、呼吸には肺と腎が関係します。
 お母様の状態をお伺いし、漢方薬をお渡ししましたところ、酸素が入るようになったと喜ばれ、それ以来継続して服用しておいでです。

 肺は一度問題が起こるとなかなか治りにくい臓です。
 早め早めの対処をしていきましょう。

| 【2008-03-11(Tue) 10:49:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 戎橋阪本薬局の店頭症例記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。